航空会社の役割

航空会社には、さまざまな役割があります。日本は島国なので、外国から人や荷物が入ってくるためには、船を利用するか飛行機を利用する他に手段はありません。船と比較すると、飛行機は比べものにならないくらい速いので、空輸で荷物が届いたり、外国から観光客が訪れたりすることが多いのです。

そういた国際ネットワークを拡充し、国際線のサービスを向上することにより、日本を訪れる外国人観光客が増大しています。円高にも関わらず、日本にやってくる外国人が増えているのは、それぞれの地域の活性化にもつながりますし、それぞれの地域が、外国人にとって行ってみたいと思ってもらえるような努力をした結果ともいえますが、そういったところに訪れるために、飛行機を利用することは必要不可欠なので、航空会社としても、サービス向上に力を注いでいるのです。観光立国とよべるほどではないかもしれませんが、そういった国になれる可能性は充分に秘めています。

そのために、各航空会社は、日々努力を重ねているのです。国内線においても、船か飛行機を利用しないと行くことができない地域は、日本には数多くあります。そういった人の足として、飛行機は非常に重要な役割を担っているのです。国内線の飛行機を利用する場合には、帰省などもありますが、国内旅行の需要も高いようです。国内旅行によって、それぞれの地域活性化に役立つためには、国内線を充実させるための役割も担っているといえます。