総合職の仕事

航空業界で、利用者と直接接する機会が多い職業は、CAさんやグランドホステスなどが挙げられるのではないでしょうか。また、直接接する機会があまりなくても、パイロットも花形職業の1つですので、航空会社で働く人と聞いて、パイロットを思い浮かべる人も多いことでしょう。しかし、それらの人たちだけで、航空会社は成り立っているわけではありません。

そのような職業に就いている人に活躍してもらう機会を与えるゼネラリストが総合職の人たちなのです。航空業界は非常に公共性が高く、生活になくてはならない交通手段の1つですが、新幹線との競争や、同業他社との競争など、日々企業努力を続けていかなければならない業界でもあります。総合職は、事務系と技術系の2つに分かれているのですが、事務系に配属された場合、まず空港や営業所に配置されるため、利用者と接する機会が多く、現場で肌で顧客の反応などを感じることができます。

その後、一般管理部門や旅客管理部門、貨物事業部門などの航空ビジネス全般に関わっている部署に配属される場合が多いようです。技術職も、入社後に現場で経験を積み、数年後に航空機の整備や機体の整理計画、エンジンメーカーと交渉したりするなど、専門性の非常に高い整備部門の管理業務にあたります。