航空整備士の仕事

航空整備士の仕事内容は、飛行機が安全に飛ぶことができるようにメンテナンス作業をする仕事です。具体的には、飛行機の点検や整備、修理などをおこないます。航空会社に所属している航空整備士の仕事内容を大きく3つに分けることができます。

1つ目は、日々の飛行機の運航の合間にメンテナンスする作業です。時間に追われる仕事ですが、ミスは許されないので、緊張感を持って行わなければなりません。

2つめは、一定の時間をかけて飛行機を本格的にメンテナンスする整備の作業です。 この仕事は、ドッグ整備と呼ばれており、じっくりと念入りにメンテナンスをおこなうことで、安全な飛行ができるようになります。

3つ目は、飛行機のエンジンや電気機器などを一旦取り外してしまい、徹底的にメンテナンスする作業があります。この整備のことは、ショップ整備と呼ばれており、最近では、こういった作業は航空会社のスタッフがおこなうのではなく、航空整備専門会社に委託している場合が多いようです。以前は、航空会社のスタッフで、技術職に配属されている整備しがおこなっていたのですが、経費削減のためなのか、今では、航空会社に所属している整備部門のスタッフは、新人の時には現場での整備を学び、メンテナンスなどの作業をおこなうのですが、やがて整備部門において、人員計画や整備計画など、マネジメントをする立場になっていくようです。